未来への活力を生む周年事業とは

自社らしさを活かした周年事業で社会の共感を獲得

 今、企業は独自の価値である“自社らしさ”を社会から問われています。「周年計画」は「周年」を「“らしさ”を見直す好機」と捉え、貴社と社会が共感する“らしさ”を導き出し、社員の自信と活力を生み出すお手伝いをいたします。

  従来の周年事業 私達が考える創造的周年事業
企業文化
  • 産業内、国内視点
  • 終身雇用、年功序列、定期昇給が崩れモチベーションが低下
  • グローバル視点/グローカル視点
  • 仕事と生活の両立できる就業環境
  • 企業と社会の共生
目的
  • 自社の歴史、業績を賞賛
  • 創業時のDNAを社員に継承
  • 社員、株主、取引先への謝恩
  • 左記を踏まえ“自社らしさ”を引き出し、更に新しい“らしさ”を創造し、社内外から評価を獲得
主な対象
  • 経済的ステークホルダー
    (社員、取引先、株主)
  • 左記に加え社会的ステークホルダー
    (国内外の幅広い一般市民)
施策
  • 社史編纂、記念講演会、記念品、懇親会、社員旅行など
  • 新しい自社らしさを創造し、普及するために様々な施策を展開
期間
  • 周年を迎えて終了
  • 周年事業を機にスタートし、継続的に展開
主体者
  • 経営トップの命を受けた特定チーム
  • 幅広い社員を主役に構成するチーム
  • 外部専門スタッフの参画

■私達が考える創造的周年事業のイメージ

  • 未来への活力を生む周年事業とは
  • 「周年事業」のサービス内容
  • 創造的周年事業支援サービスの流れ
  • 「周年計画」の強み